忍者ブログ
  • 2016.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2016/12/03 02:55 】 |
iPhoneとARROWS NXを比べて羨ましい点とは
スマートフォンのケースやカバーについて語るブログ「ケースとカバーでござるよスマートフォン!」です。

本日はドコモの「ARROWS NX F-01F」についてお話したいと思います。ちなみにこちら(→F-01F: ケースでARROWSをまもろーず!)では、おしゃれな「ARROWS NX」のスマートフォンジャケットカバーが紹介されていますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみて下さい。

富士通製スマートフォン、ドコモ「ARROWS NX F-01F」ですが、こちらの記事(iPhoneユーザーが感じる「ARROWS NX F-01F」の「うらやましいところ」とは?)では、人気機種「iPhone」と比べた時の機能性の高さに関して言及しているケースとなっています。一部内容をカバーしますと・・・

上記記事を書かれたご本人は、3G以来のiPhoneユーザーで、Androidスマートフォンも持っているものの、メイン端末はiPhoneという方。そんなiPhoneユーザーがドコモ「ARROWS NX F-01F」に対して羨ましい、魅力的だと感じる点は「5インチ液晶をカバーしている点」(マンガが読みやすい)、ケース搭載の「指紋センサー」、「ヒューマンセントリックエンジン」などだそうです。

あとスマートフォンの充電が増えることを考えると、3200mAhの大容量バッテリーをカバーしているのは大きな魅力で、ドコモ「ARROWS NX F-01F」の省電力設計のケースに関しても高く評価しています。
PR
【2014/04/04 15:43 】 | F-01F
コンパクトさで人気のXperia Z1f
スマートフォンのケースやカバーについて語るブログ「ケースとカバーでござるよスマートフォン!」です。

本日はドコモの「Xperia Z1f SO-02F」についてお話したいと思います。ちなみにこちら(→SO-02F Xperia Z1 f ケース byすま爺の推薦状)では、「Xperia Z1f」のスマートフォンジャケットカバーがたくさん紹介されてはじめていますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみて下さい。

ソニー製スマートフォン、ドコモ「Xperia Z1f SO-02F」ですが、こちらの記事(開発陣に聞く「Xperia Z1 f SO-02F」(前編):「3インチ台も検討した」が――Xperia Z1 fが“4.3インチ”である理由)でも紹介されている通り、コンパクトなケースサイズやカバーのカラーバリエーションが人気のヒミツになっているようです。

日本では一足先にNTTドコモから2013年12月に発売された「Xperia Z1f SO-02F」は、海外では「Xperia Z1 Compact」という製品名で発表されており、エクスペリアの中でもコンパクトなケースとなるスマートフォンという位置づけであることがわかる。カバーされているスペックに見劣りは無いものの、エクスペリアレイやエクスペリアエスエックスは防水等に対応しておらず、ターゲットが全方位的ではなかったようです。

その点ドコモ「Xperia Z1f SO-02F」スマートフォンは、妥協点をできるだけ排して、フラッグシップモデルとおなじコンセプトで作っているそう(ただしフルセグやNOTTV、赤外線通信はカバーされていない)。3インチのケースモデルも好評でしたが、もう少し大きい方がいいという声があり、バランスが良かったのが4.3インチだったそう。今のユースケースを考えると「ある程度の大きさがないと使い勝手が悪い」という思想もわからなくもないですね。
【2014/02/11 14:11 】 | SO-02F
GALAXY Jについて
スマートフォンのケースやカバーについて語るブログ「ケースとカバーでござるよスマートフォン!」です。

本日はドコモの「GALAXY J SC-02F」についてお話したいと思います。ちなみにこちら(→SC-02F - カバー de GALAXY)では、「ギャラクシー J」のスマートフォンジャケットカバーがたくさん紹介されてはじめていますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみて下さい。


サムスン製スマートフォン、ドコモ「GALAXY J SC-02F」ですが、こちらの記事(人気の「Google Nexus 5」「GALAXY J SC-02F」用スキンシールが登場!)では「GALAXY J」のスマートフォンに直接貼ってはがせるシートの販売が始まったという内容が記載されています。再はく離可能なのでその日の気分によってデザインを変えられるそうです。ケースやカバーとは違ったできあがりになりそうで、これもまた楽しそうです。

今回の冬モデルとしてGALAXY Note3と一緒に投入されたドコモのスマートフォン「GALAXY J SC-02F」ですが、SH-01FやF-01Fに比べて月々サポートの割引額が異なるため、新規や機種変更時の価格が高いことがネックになって、ご新規さんをカバーするのにちょっと苦戦しているケースのようですね。

コントラストが高く、輝度をあげなくても見やすく、日本人好みのケースデザインなど、日本で売れる仕様をカバーしたドコモ「GALAXY J SC-02F」。一方で、思ったより「Japan」仕様じゃなかったという声も上がるなど、そのスマートフォンとしての評価はもう一つ低い。iPhoneが発売されたドコモではやはりちょっと厳しかったようですね。
【2014/01/25 16:18 】 | SC-02F
いろんなカスタマイズ機能使ってますか
docomo(ドコモ)のスマートフォンに関するニュースをお伝えするブログ「ドコモのスマートフォン -DOCOめも-」です。

本日はドコモの「ARROWS NX F-01F」についてお話したいと思います。ちなみにこちら(→F-01F: ケースでARROWSをまもろーず!)では、「アローズ NX」のスマートフォンジャケットカバーがたくさん紹介されてはじめていますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみて下さい。

富士通製スマートフォン、ドコモ「ARROWS NX F-01F」ですが、こちらの記事(自由度の高いカスタマイズ機能でオレ色の一台にする! ARROWS NX F-01F)では「ARROWS NX」のカスタマイズ機能についてカバーしています。「男の子ならスマホをカッコよくしなきゃ!!」という副題もついており、ガジェット心をくすぐる内容(ケース)になっています。

例えばドコモ「ARROWS NX F-01F」のケースでは、指紋認証のアイコンをちょっと変えられる、電話の発着信画面を変えられる、ナビゲーションバーの色を変更したり、電池アイコンも数字付きに変えたりできる。スマートフォンという特性で、それらは無料アプリで変えられたいするものもありますが、ディフォルトでカバーされているならそれに越したことはありませんから、やっぱり便利。こういったところは国内メーカーのかゆいところに手が届く仕様といえますね。

さらにちょっとユニークなのが、オリジナル手描きフォント!10文字だけ書くと、残りの感じやひらがななどを自動的に、3分足らずで作成してくれるそう。身近で好みの文字を書く人にちょこっと手伝ってもらえれば、あなたのドコモ「ARROWS NX F-01F」が自分だけのユニークな存在にバージョンアップするケースになりそう。スマートフォンの楽しさをカバーする「アローズシリーズ」ならではの、魅力的な機能といえそうですね。
【2014/01/07 15:57 】 | F-01F
アクオスフォンEXは来年1月発売
スマートフォンのケースやカバーについて語るブログ「ケースとカバーでござるよスマートフォン!」です。

本日はドコモの「AQUOS PHONE EX SH-02F」についてお話したいと思います。ちなみにこちら(→SH-02F - ケース for AQUOS PHONE 水電話生活)では、「アクオスフォンイーエックス」のスマートフォンジャケットカバーがたくさん紹介されてはじめていますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみて下さい。

2014年1月発売予定とドコモから発表されている「docomo AQUOS PHONE EX SH-02F」。ちょっと小さめな4.5インチスマートフォンということで、昨今のケースの中ではコンパクトな幅63mm。おそらく小さめなスマートフォンがほしいと思う購入層をカバーしようという戦法なのだと思います。
ところがドコモに限らず各キャリアは、iPhone5Sが爆売れ中。先週はなんとか10位に「Xperia Z1」が入り込みましたが、売上げランキングもここのところ3週連続でトップ10をiPhone5SとiPhone5Cでカバーするケースとなり、国産スマートフォンの厳しい現実が見えてきました。そんな中1月に発売するSH-02Fの見通しも少しくらめと言わざるを得ません。

というのも、今度発売する、日本メーカーの中でも一人iPhoneに対抗しうる存在といえる「Xperia」の新スマートフォン「SO-02F」もちょっと厳しそうなんです。こうなるとSH-02Fもいわずもがなのケースといえそう。ドコモのコンパクトスマートフォンをカバーする層はiPhoneとSO-02Fに流れてしまい、SH-02Fは時期的にも難しい販売となってしまいました。昨年はかなり人気の高かった「アクオスフォン EX」、今年はどうなるか注目です。
【2013/12/09 12:06 】 | SH-02F
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]